直球に対して。

県は、埋め立て承認撤回の執行停止を判断した国土交通相の判断は違法であるとして、取り消しを求めて福岡高裁那覇支部に提訴する。

今月19日の安倍首相との面談で、玉城知事は辺野古の工事差し止めを求める上告の取り下げを明らかにし、一ヶ月間の協議を要請した。SACWO(サコワ)設置の提案もされた。
しかし政府側の回答はこうである。

(直球)
「政府が我が国を代表して米側と交渉し、沖縄とも協議し、負担軽減の取り組みを進めている。今後もこの枠組みで結果を出す」
安倍首相の言葉である。

「沖縄と協議するのは基本的に日本政府の役割だ。米側との交渉も国が担う。3者で何を協議するのか」
政治関係者の言葉である。

要するに、政府は沖縄と協議をしたし、米側との交渉に沖縄は関係ないと言うことである。

これに対し玉城知事は、県民投票の結果を広く知ってもらうため、県内外での講演などを積極的に引き受け「全国キャラバン」の展開を検討しているとの事である。

それも良いとは思う。
しかし、講演会などであり勝ちなのは、もともと反対派の方々の集まりに行き反対を述べるパターンである。

これでは駄目である。
辺野古埋め立て「賛成派」を集めて、講演会なり討論会を行わなければ、意味を持たない。特に県外で行わなければいけない。
仲間内の講演は気持ちよく行うことが出来る。
しかし説得する相手は、いま賛成の立場にある人々なのである。

説得するためには、特に沖縄に海兵隊を置く意味が今現在、本当にあるのかどうかが大事である。
本土の方々は全くと言って良いほどに、海兵隊の実態と今後の動きを知らない。
沖縄に置く意味が無いのであれば(無いのだが)、普天間基地の不必要性と、代替としての辺野古新基地建設の無意味性を説くことが出来る。

「直球」に対しての「フルスイング」が、ここにある。

海兵隊の存在理由をもっと掘り下げた上で、県側に理論を構築していただきたい。

辺野古

f:id:churaumichurashima:20190228171354j:plain
(建設中のキャンプシュワブ内建物)

ふざけた話である。

この建設中の建物は、基地内に建てられるボーリング場・レストラン・映画館である。
従来の古くなった施設が新基地の滑走路にかかるため、代替のレジャー施設である。

怒る気も失せる情けない話である。

f:id:churaumichurashima:20190228172150j:plain

目の前には、機動隊の靴が並ぶ。
見たい訳ではないが、私達の座り込みの前に勝手に並ぶ。
何かをがなり立てた後で、私達をごぼう抜きにする。

ここでも、基地反対票の数%の方々が集まる事を願ってしまう。月一回、週一回で良いのである。

ここにいる機動隊の足の数を越える参加者が、欲しいと思う。

しがみつく海保

f:id:churaumichurashima:20190228165404j:plain
(カヌー隊のカヌーにしがみつく海猿)

昨日の安和桟橋でのカヌー隊に対し、海保の海猿は引き剥がしたカヌー一挺一挺に1人ずつしがみつき、カヌーの動きを止めた。

岸から見ているとよく分からないが、双眼鏡で覗くとカヌーの横に海猿の黒い頭を見ることが出来た。
これをやられると、カヌーを漕いで動かすことが出来ない。
結果として、第2船の接岸を許してしまった。

お互いの知恵の出し合い、或いは騙し合いである。

f:id:churaumichurashima:20190228170431j:plain

県民投票の結果は反対派の大多数で圧勝したが、安和桟橋前に集まる人数は増えていない。

反対票43万票の数%の方々が現場に集まるだけでダンプは止められる。

事件が起きているのは投票所ではない。
現場である。

地味ですが。

f:id:churaumichurashima:20190217165410j:plain
(本部町健堅での慰霊祭)

昨日、本部町健堅で、沖縄戦において亡くなられた彦山丸乗組員朝鮮人の慰霊祭が執り行われた。

1945年1月22日、アメリカの空襲により沈没した犠牲者である。

地元の方の目撃証言・地権利者のご協力などにより慰霊祭の開催となり、今後の遺骨の発掘に向けて歩み始めることとなった。

日韓の協力による朝鮮人の遺骨収集が全国で少しずつではあるが着実に進められている。
また、朝鮮半島の統一気運の中で、南北朝鮮の共同作業による発掘作業も、日本人有志を交えて進められている。

沖縄においては、遺骨収集活動を行っているガマフヤー主宰の具志堅隆松氏を忘れることは出来ない。

本部町健堅での遺骨の発掘も具志堅氏の知見無くしては進まない。

地味な話題である。
しかし、日本人さらには朝鮮人の遺骨収集とその遺骨を家族の元、故郷の土に還すまでは、沖縄戦は終わらないのである。

屋良朝博氏の後援会事務所開き。

f:id:churaumichurashima:20190217163419j:plain
(屋良朝博氏の後援会事務所開きで)

屋良氏の軍事基地に対する知識には相当なものがある。
沖縄3区の候補者能力としては充分である。

足りないものは何か?
知名度であると言われている。
しかし、足りないものは足すことが出来る。

かたや島尻安伊子である。知名度は高い。
悪名ではあるが。
悪名は足すことは出来ても、引くことが出来ない。
残るのみである。
積丹・歯舞が読めなかった才女である。

照屋大河氏が言っていた。
県民投票結果で圧倒的な埋め立て反対の⭕を集め、屋良氏の衆議院沖縄3区の補選勝利に結びつける。そのまま参院選の圧勝に繋げる。

3区の県議会議員、市議会議員、町議会議員が屋良氏を県民投票集会に引きずり回すと。
本人も積極的にスタンディングを既に行っている。

知名度は着実に付いてきている。

県民投票が始まる。

県民投票が告示された。

自民党公明党は自主投票のようである。とにかく静かにして県民投票の盛り上がりを押さえるしか無いのであろう。

憐れである。
何故政党としての主張を正面から行わないのか?
特に自民党辺野古新基地建設の当事者である。
自らが正しいのであれば、県民に対して正しい理由を伝え、辺野古埋め立てに対しての投票において埋め立て賛成の欄に⭕を記入する運動を起こさなければおかしい。
政治家は民衆を率いて、なんぼ、である。

若い人達も交えて、元山君達の活動は活発である。三択の全県投票になった今、投票率のアップは必須である。
どちらでもない派に対しての説明・説得に力量が置かれるであろう。

大変ではあるが、見通しは明るい。

照屋守之様 辞任確定

どうでもいい話をする。

照屋守之が沖縄自民党県連の会長を辞任した。
県知事選挙・那覇市長選挙・豊見城市長選挙の三連敗の責任をとって辞任した、國場氏の後継になってまだ2ヶ月である。

次は誰が会長になるのか?

野球で言えば、先発投手がホームラン三連発を食らいノックアウト。中継ぎが間髪いれずに初球で一発を食らう。

東京にいる球団社長も、呆れかえる。

人材が居ない。放棄試合にするわけにもいかず、更に4月の沖縄3区の補選・参議院選挙と続く。

敵ながら哀れである。

どうでもいい話をした。